家族葬を選ぶメリット

家族葬は、参列者への気遣いにおわれることもなく、精神的・体力的に負担が軽くなるというメリットがあります。また、故人を偲ぶゆったりとした時間を持つこともでき、受付や会葬返礼品を準備する必要もなく、参列者の人数を事前に把握しやるいというメリットもあります。ただ、家族葬を行うには、事前に周囲の理解を得る必要があり、参列者が少ない場合には、香典の収入も少なくなるため、葬儀費用がまかなえないことも考えられますから、低料金でできるという理由だけで家族層を選ぶのはやめておいた方がよいでしょう。また、家族葬でとお知らせしても、当日参列しにくる人もいますし、後日、自宅に弔問にきてもらった時には、返礼品の手配などもあり、葬儀後もゆっくりできないというデメリットもあります。そのほかにも、親戚に伝えていなかった場合には、どうして呼んでくれなかったのかと批判されることもありますから、今後のつきあいを考慮して、慎重な対応を行うことが必要です。一般的に、家族葬のイメージとして、遺族だけによる葬儀や遺族と親しい人だけによる葬儀が多く、範囲に対する認識は、それぞれです。そのため、家族葬で行うことを、親戚や隣近所にも伝えておき、理解を得ておきましょう。そのため、どこまで知らせるのか、香典や供花を受け取るか辞退するかなども話し合っておくことが大事です。参列を断る場合には、その旨の文章などを用意しておき、香典や供花、弔電などを辞退する場合には、その旨も記載するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です