家族葬でしめやかに故人を送る

“近年、派手な葬儀は減少し、しめやかに家族や故人の親しい友人等で、こじんまりとした葬儀を営む人が増えています。

これは葬儀の費用は、昔に比べて明瞭で、少し安くなって来たものの、一般の葬儀の平均が160万円程度掛かると言われ、まだまだ高額であり、こうした高額を掛ける事が無駄だと言う考えが広まった事が大きな要因でしょう。
20名程度以下の比較的少人数で葬儀を営む場合、家族葬専用の小さな会館で葬儀を営む事が可能です。こうした家族葬の会館は、一般の葬儀会館に比較してスペースが狭く、家族控室なども小さくなっています。

こうした会館に過大な投資をせずに、必要最低限の施設内容とする事で葬儀費用を安く抑える事を可能としています。
家族葬でも、祭壇や必要な品々にはいくつかのランクが用意されていますが、式場が一般の葬儀会館の式場よりも狭いため、比較的小さくて費用の安い祭壇でも貧弱な感じを受けない為、葬儀費用で大きなウエートを占める祭壇の費用も格安にできるメリットがあるのです。
家族葬に参列する人は、故人とごく親しい人のみで、形式的なお付き合いとしての参列者がいない為、故人との思い出を語り合ったり、偲ぶ事が出来るのも費用以上のメリットと言えます。

もちろん、故人の付き合いが広く、一般の葬儀を営む方が良い場合もあります。こうした場合には、従来通りの葬儀を営めば良く、家族葬と言う費用を抑えた小規模な葬儀と一般の葬儀を選択できる時代になったと言えるでしょう。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です