家族葬の種類について

昨今の日本では核家族化、少子化、都市部人口集中などの影響で社会の形がこれまでと大きく変化しています。

また、近年では冠婚葬祭をあまり華美に行いたくないという人も増えている傾向にあり、そのような背景から「家族葬」を選択する人が増えています。家族葬とはその名の通り、家族・親族のみで執り行われる葬儀スタイルですが、具体的にはどのような形式があるのでしょうか。最も一般的な形式としては、従来の一般葬の形式を参列者が家族のみという流れで行われるものです。初日に通夜が開かれ、翌日に葬儀・告別式・火葬という一連の流れで行われます。

しかし、家族葬の場合は二日にわたって通夜、葬儀・告別式、火葬と行っても参列する人は二日間とも同じ人たちが集うということも珍しくないため、これを一日に凝縮してしまう「一日葬」の形式も増えています。一日葬の場合は通夜を省いて、葬儀・告別式・火葬といった流れで執り行われるのが一般的です。

また、さらに簡素化させたものに「火葬式」があります。これは、葬儀・告別式は行わずに火葬のみを行う式で、火葬の前に僧侶による読経が行われるのみの最もシンプルな形式となります。家族葬を選択する人は、あまり周囲との付き合いがなく参列者が少ないからという理由や、経済的な理由、故人本人の遺志、などと様々な理由によるため、より希望に即した葬儀形式を保てるよう、近年では家族葬自体も多様化してよりニーズにあった葬儀が行えるよう変化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です