家族葬の内容を理解しよう

家族葬を検討している中で、費用も安いのでどのような内容で葬儀が行われるのか気になるのではないでしょうか。

安い分だけ葬儀も簡素化されているのだろうかと思っているかもしれませんが、基本的な内容としてはこれまでの葬儀とはほとんど変わりません。通夜や告別式も行いますし、その後には火葬、お骨上げと続いて初七日法要などもありますから、時間があれば業者の比較をしておくことをおすすめします。これまでの葬儀と家族葬の大きな違いは、その名の通り「家族や近親者だけで葬儀を行う」ということでしょう。

一般的な葬儀だと、家族や親戚以外にも近所に連絡をし、故人との縁があった友人や会社関連などの人たちに通知をして参列をしてもらいます。家族葬の場合はお知らせはしても参列、香典、供花などを辞退させて頂く事も添えてお伝えします。それが済めば、葬儀の時にはバタバタと慌ただしくなることなく、家族でゆっくりと故人の冥福をお祈りすることができます。家族葬と言っても難しい内容ではありません。

ご家族の事情に合わせて通夜をしないこともあれば、会食を省いたりするなどいろんな葬儀の流れになるので、どのような内容にしたいのか話し合っておくとよいでしょう。家族だけで行う式ではありますが、家族の中で決めなくてはいけないこともあれば、家族以外の方にお伝えする事などもありますので、その点を理解した上で一つの葬儀の形として選んでみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です