家族葬の流れについて

家族葬とは、遺族だけの葬儀、遺族と親しい人達だけの葬儀を思い浮かべるとおもいます。

葬儀社選びについて、家族葬パックというのを売りにしている葬儀社もありますが、含まれていない費用を後から請求される場合があります。葬儀社を選ぶときは慎重に選ぶことをおすすめします。サービスの質や、希望と違う内容だったりすることもあります。見積書に記載されたもの以外にかかる費用について、詳しく説明してくれる葬儀社かどうかが重要です。病院で紹介されるもありますが、知っている葬儀会社がなくて病院から紹介された葬儀会社に頼む人も多いようです。

病院が紹介してくれる葬儀会社は相場より、高いという結果もでています。事前に複数の葬儀会社を検討して当日慌てることのないようにしましょう。参列、香典、供花、弔電の辞退について、お知らせする際にはその旨を記載しましょう。それでも当日お見えになるかた、香典をお渡しになるかたがいます。そのときは、失礼にならないよう参列者への料理の準備、返品品を用意しましょう。家族葬のメリットは参列者の気遣いをしなくていいこと、精神的、肉体的に楽なことです。

落ち着いた環境で個人を見送ることができます。一般のかたへもてなしの必要がないので、受付、返礼品なども入りません。家族葬は家族のみでおこなうため、参列者の人数を把握できます。デメリットは、事前に周囲お理解が必要です。事前に家族葬でと知らせてもお見になったりと、返礼品や料理の手配に追われることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です