家族葬で穏やかな葬儀を行う

以前は沢山の参列者を招いて故人を見送ることが行われていましたが、家族や親族、故人と仲良かった友人だけを招いて穏やかな葬儀を行う家族葬が好まれるようになりました。

家族葬が増えた理由には様々なものがありますが、その1つが高齢化社会です。葬式に参列することは高齢者にとっては負担になることが多く、特に遠方から葬儀に出席するときは精神的にも身体的にも、そして金銭的にも大きな負担になります。そのため葬儀を行う側が参列する人たちに配慮して、家族だけの葬儀を選ぶようになりました。そしてもう1つは故人の意向によるものです。多くの人が参列することになると、故人の家族はあいさつ回りをしなければならず、大きな負担になってしまいます。最後は家族だけで静かに見送ってほしいという故人の意向によって、家族葬を選ぶ人もいます。

その場合は、生前から家族の間で葬儀について話し合っていることが多く、また遺言書などに故人が書き残していることもあります。それ以外には、家族葬は他の葬儀と比べて、費用が安く済ませられるからです。一般の参列者がいる場合は、香典返しや料理などを用意しなければなりません。しかし家族葬の場合は、あらかじめ参列する人の数が予想することができるので、無駄な香典返しを用意する必要がありませんし、用意する料理や飲料の数も少なくて済むので費用を安く抑えられます。参列者が少ないときは小さめの葬儀会場ですむので、会場を借りる費用も安く済ませることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です